韓国ドラマ 王は愛する あらすじ 一気読み

2019-08-24

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!

韓国ドラマ 王は愛する あらすじ 一気読み
平均視聴率8.8%のドラマがアジアドラマチックTVで放送予定!

BSで放送予定の韓国ドラマのあらすじキャスト、相関図を紹介!
韓国ドラマ 王は愛するを最終回までのあらすじと視聴率も紹介!
あらすじをネタバレで関連グッズなどDVDや動画の人気商品も紹介!!
全20話構成で放送予定のあらすじをネタバレ注意で配信!!

このページは韓国ドラマ、王は愛するのあらすじの一気読みページです。
韓ドラファンのための韓ドラ情報ブログです!
知りたい情報や最新ドラマ情報も記載していす v(^^)v

王は愛するのあらすじ情報はココでチェック!
韓国ドラマ 王は愛する あらすじ 一気読みを配信!
王は愛するの概要、あらすじ、キャスト、放送予定の情報を紹介しています。

最高視聴率は8.1%の「王は愛する」が2019年02月07日10:00~ アジアドラマチックTVにて放送予定!

それでは「王は愛する」相関図とキャスト情報などをご覧くださいね!







王は愛するの概要-あらすじ

王は愛する

第25代高麗王の息子ウォンは、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。
政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リンと過ごしていた。ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。
リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。
ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。
殺された女性の娘であるサンは幸い難を逃れるが、狙われていたのが娘だと気付いたヨンベクは、身分を偽り侍女として生きるようサンに告げる。
一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言を伝えようとヨンベクの屋敷へ忍び込み、サンとは知らずに母親の最期の言葉を伝える。
これが三人の出会いだった。
7年後、学者イ・スンヒュを訪ねたウォンとリンはそこで美しく気高い女性に成長したサンと再会する。
サンはソファと名乗り、スンヒュの弟子になっていた。 三人の間には友情が芽生えるが、これが三人の運命を大きく変えていく。
ウォンは次第にサンに恋心を抱くようになり、リンもまたサンに密かに想いを寄せていく。
永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始め…。

各話あらすじ

#1

高麗の第25代王・忠烈王と元の元成公主の間に生まれた世子ワン・ウォンは、母方の蒙古の血を引くという理由で、周囲はおろか父親からも蔑まれていた。
孤独な幼少期を過ごしたウォンが12歳になった時、ワン・リンという唯一の親友ができた。
リンと共に王宮の外の世界へ飛び出したウォンは、ある日、ウン・ヨンベク商団が賊に襲われるところに出くわす。
そこにはウンの財力を利用して大成しようとする者たちの陰謀が渦巻いていた。

#2

イ・スンヒュのもとで、ウォンとリンは、スンヒュの弟子であるウン・サンと7年ぶりに再会をする。
3人はスンヒュが翌朝に飲む酒を山へ探しに出かけ、山中で一晩を過ごすことに。
焼酎をひと甕飲んで酔いつぶれたサンを見ながら、ウォンとリンはそれぞれ思いをはせる。
そんな中、王宮では元の皇帝の孫であるウォンは高麗の存続を脅かす者だとされ、廃位を求める声が上がる。
それを耳にした元成公主は…。

#3

ウン家の娘という身分を隠すため、サンはウン家の侍女・ソファと名乗り暮らしていた。
しかし侍女が高名な学者の弟子となっていることを訝しむリンは、サンの素性を調べると言う。
一方、王宮では忠烈(チュンニョル)王が狩りの準備を進めていたが、それはウォンを世子(セジャ)の座から引きずり下ろそうとするソン・インの策略だった。
さらにソン・インは、リンの兄ジョンを連れ、サンの父親ウン・ヨンベクに対し、娘のサンを娶りたいと詰め寄るのだった。

#4

ウン家の荘園で行われた狩りで、忠烈(チュンニョル)王が何者かに矢を射られ負傷する。
放たれた矢に刻まれた文様(もんよう)から、それが世子の矢であることが判明する。
これは世子の座を狙うリンの兄・ジョンとソン・インが、ウォンを失脚させるために仕組んだ罠だったが、それを阻止しようとしたリンが巻き込まれてしまう。
同じく狩り場にいたサンは、7年前の襲撃で亡くなった母の敵(かたき)である入れ墨の男を追っていた。

#5

狩り場で忠烈(チュンニョル)王が矢で狙われた一件で、その証人が世子の配下に次々と殺されているという噂が広まっていた。
一方、ついに母の敵(かたき)を見つけ出したサンは、その後を追って屋敷に忍び込むが、そこでは世子に矢を運んだ職人たちが死んでいた。
職人たちを殺したとして捕らえられたサンは、尋問にかけられることに。話を聞いたウォン、そしてリンはそれぞれ尋問場に駆けつけるのだが…。

#6

ウォンは投獄されているリンを助けるため、リンの父親ワン・ヨンを訪ね、その手立てを伝える。サンもまた、自分のせいでリンが牢に入ったと思い悩み、父ウン・ヨンベクに助けを求める。
そして、王宮で投獄されたリンの放免を嘆願する最高会議が開かれることとなった。
その頃、牢にいるリンはひとり静かにサンに思いを馳せていた。
それぞれの思いが交錯する評議の末、忠烈(チュンニョル)王が下した決断は…。

#7

元成(ウォンソン)公主が主催する採蓮(チェリョン)会が近づいていた。
ジョンに嫁ぐことを決めていたサンは、最後の思い出として採蓮会に参加しようとする。
そんなサンに対してリンは、7年前の事件のこと、サンがソファとして暮らしていることなど、すべて知っていると伝え、なんとか婚姻をやめるよう説得を試みる。
一方、王宮では元成公主が、息子ウォンのために世子妃選びをしようと動き始めていた。

#8

サンとジョンの婚礼は、ジョンの欲望による政略結婚というだけではなく、貢女(こんにょ)にされそうな妹のダンを守る術でもあった。
そうとは知らず、リンは兄であるジョンの婚礼を止めてほしいとウォンに依頼する。
一方、ウォンもまたダンを守るための決断をしていた。ウォンが世子であることを知り戸惑うサンに対し、ウォンは何があっても"一番はお前だ"と伝えるのだった…。

#9

世子妃選びのため、王妃の御所で茶会が催された。そこにはウォンが出席させたダン、そして元成(ウォンソン)公主が急遽招いたサンの姿もあった。
ついにソファの正体を知ったウォンは驚き戸惑う。
茶会が開かれる前、リンが妹の身代わりとなって元へ行くと知ったウォンは、リンを殴る。
ウォンはサンの前で、リンを元へは行かせないと誓うが、サンとリンが互いに目を合わせないように努めていることに気づく。

#10

世子妃選びの茶会でウォンが出した答えを聞き、リンは怒ってウォンに詰め寄る。
このままではサンが貢女(こんにょ)にされてしまうと聞いたウォンは、自分だけが何も知らずにいたことがわかり、自分の無力さを痛感する。
これまで権力を忌み嫌ってきたウォンだったが、大切な人を守るためには力が必要だと考え、元成(ウォンソン)公主のもとへ助けを求めに行く。
一方、父親を案ずるサンは、ソン・インに取引を持ち掛ける。





#11

ウォンは禁足令が下っているにもかかわらず、投獄されているサンを訪ねる。
貢女(こんにょ)として元に送られる覚悟をしたサンは、ウォンに感謝と別れの言葉を伝える。
ウォンはなんとかサンを救おうと、元の使臣団の帰国が迫る中、知恵を絞る。
一方、元成(ウォンソン)公主は使臣団のための宴の準備を始めていた。
ウォンとリンが元成公主のもとに出向くと、そこにはウォンが探し求めていたとある人物の姿があった。

#12

ウォンとリンは、ソン・インに捕らえられたサンを見つけ出す。
しかし王命が下ったとして、サンはそのまま王の御所へと連れ去られてしまう。
忠烈(チュンニョル)王はサンを返さないばかりかソン・インら家臣たちにそそのかされ、ウォンを疑い、さらには王妃の元成(ウォンソン)公主をも貶める。
その振る舞いに我慢ならなくなったウォンは激しく父に刃向かうのだった。
そしてついに世子の廃位が、王から命じられた。

#13

父の治療のために大食(テシク)国へ行くと言うサン。
だがウォンは、サンの母が殺された事件を調べ直して敵(かたき)を討つと言い、サンを引き止めようとする。
しかし、リンはその事件に兄のジョンが関わっていることから罪の意識を感じて悩んでいた。
一方、サンは大食国へ行く前に、1人で母の復讐を果たそうと決意する。
そんな折、ワン・ヨン家の弱点を探っていた元成(ウォンソン)公主も、事件の真相を知り…。

#14

ワン・ヨン、ジョン、リンの尋問が始まろうとしていた。
ダンを世子妃候補から引きずり下ろしたい元成(ウォンソン)公主は、サンに母親が殺された事件にジョンが関与していたと証言をするよう指示をする。
一方でウォンはリンたちを放免することをせず、サンにリンのために証言をしないでほしいと頼む。
証言を目前にして、リンとの思い出が頭をよぎるサン。
証人として尋問場に立ったサンの口から出たのは…。

#15

元成(ウォンソン)公主は、サンに忠烈(チュンニョル)王との出会い、そして高麗に嫁いだ身の上について語る。
そして世子を守るためにはウン家の財産が必要だと説く。
一方、リンはソン・インに連れられ、世子となるはずだった従兄の江陽(カンヤン)君と会う。
世子や王宮に対して、疑念を抱くサンとリン。こうしたソン・インの策略により、ウォンは徐々に孤立していくのだった。

#16

サンとリンは、元成(ウォンソン)公主やソン・インの追っ手から逃げていた。
一方、ウォンは姿を消したサンをなんとか取り戻そうと、首飾りの約束を綴った手紙を護衛に託す。
さらに、サンとリンの婚姻の話を知り驚くウォンだったが、忠義に厚いリンはあくまで自分のために行動していると自らに言い聞かせる。
その頃、リンもサンに婚姻の話をするが、サンは一人残してきたウォンのことを気にかけ…。

#17

ウォンとダンの婚礼の日。ウォンは儀式である王と王妃への挨拶をせず、ダンを放ったまま立ち去ってしまう。
ウォンの胸中には、かつての母の言葉とサンへの想いが入り乱れていた。
そこへリンがやってきて、サンを宮中に留め置くことなく手放すように苦言を呈する。
さらにはウン・ヨンベクを殺したのは元成(ウォンソン)公主だと疑うリン。
それに対してウォンは、サンと世子の座のどちらを得たいのかと詰め寄り…。

#18

ウォンは、父・忠烈(チュンニョル)王とその取り巻きたちが母・元成(ウォンソン)公主を追いつめたと考え、怒りを爆発させる。
王宮が混乱する中、ソン・インは王をひそかに連れ出し、ウォンを世子の座から退かせ、高麗人の王としてリンを立てるべく計画を進める。
一方リンは、イ・スンヒュから王宮を去るよう助言されるが、幼い頃からずっと見守り続け、長く友として接してきたウォンを残していくことにためらいを感じていた。

#19

父・忠烈(チュンニョル)王へのわだかまりが消えないウォン。
そんなウォンにワン・ヨンは、忠烈王の元成(ウォンソン)公主に対する内に秘めた想いを伝える。
その頃、サンはリンの看病をしていた。ウォンはサンに会い、サンの母が亡くなった事件について、自らが犯した罪を告白する。
それを聞いたサンは…。
そしてリンが書いた書状を受け取ったウォンは、王宮に渦巻く陰謀と、友・リンの本当の想いを知る。

#20

ソン・インからの脅迫状を手にしたウォンは、リンとともに馬を走らせる。
その頃、サンはソン・インに連れられ馬車の中にいたが、サンの体内には毒が回りはじめていた。
そこへ駆けつけたウォンは、ついにソン・インと対峙する。
一方、王宮では元の役人による忠烈(チュンニョル)王への追求が行われていた。
王座を巡る争い、父子の対立、そしてウォン、リン、サンの関係――すべてに決着を付けるべく、ウォンが最後に下した決断とは…。

出典:アジアドラマチックTV





王は愛する キャスト情報・相関図

韓国ドラマ 王は愛する キャスト 相関図

【 その他の韓国ドラマ-おすすめ 】

韓国ドラマのあらすじを一気読み

韓国ドラマ キャスト 相関図の一覧

月間人気ランキング情報

おすすめ関連記事