韓国ドラマ テバク キャスト 相関図

2019-08-23

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!

BSで放送予定の韓国ドラマの登場人物とキャスト、相関図を紹介!
韓国ドラマ テバクを最終回までのあらすじも紹介!
キャストと相関図、関連グッズも紹介!!
全24話構成で放送予定のあらすじをネタバレ注意で配信中!!

このページは韓国ドラマ、テバクのキャストと相関図のページです。
テバクの詳細情報はココでチェック!
韓国ドラマ テバク キャスト 相関図を配信!
テバクの概要、あらすじ、相関図、放送予定の情報を登場人物とキャスト、役名、役柄等で紹介しています。

韓ドラファンのための韓ドラ情報ブログです!
知りたい情報や最新ドラマ情報も記載していきますね v(^^)v

今回ご紹介する韓国ドラマは全24話構成の作品です。
最高視聴率9.1%の作品「テバク」です。

それでは「テバク」相関図とキャスト情報などをご覧くださいね!






テバクの概要

テバク-韓国ドラマ

朝鮮王朝時代の1728年「イ・インジャの乱」が勃発。王座を狙うイ・インジャ(チョン・グァンリョル)と対峙する王の息子ペク・テギル(チャン・グンソク)。
2人の最後の闘いが始まろうとしていた―。
時はさかのぼり1693年、賭博好きの夫により貧しい生活を強いられていたボクスン(ユン・ジンソ)は、イ・インジャの策略で第19代王、粛宗(チェ・ミンス)の側室となり男児を出産。
しかし月足らずで生まれたため、王の子ではないと疑われ、ボクスンはわが子を元夫マングム(イ・ムンシク)に託し、子は亡くなったと偽る。
王子という身分に生まれながらも運命のいたずらに飲み込まれ、ギャンブラーの父の下で成長したテギルは、博徒(詐欺師)になっていた。
そんなテギルを突然襲った父マングムとの別れ…。父の死の本当の理由を知ったテギルは父の復讐を胸に誓う。
一方、ボクスンの第2子、ヨニン君(グン→後の21代王英祖)(ヨ・ジング)は酒や賭け事に溺れる日々を過ごしていた。
或る時、自分の出生の秘密を知り 復讐心を募らせたテギルは、英祖に一世一代の勝負を挑む。
王子と言う身分に生まれながらも詐欺師になり 生きることを許されなかったテギルと、王家の子として苦悩するヨニン君…。
絡み合った運命のいたずらに導かれた2人の王子が出会ったとき、国と命、そして愛を賭けた一世一代の勝負が始まる!






テバク 詳細 相関図

テバク 詳細

【 あらすじ ネタバレ 】 あらすじ
【 放送年/放送局/放送回数 】   2016年 SBS 全24話
【 放送局リンク 】 KNTV  韓国SBS
【 視聴率 】 最高視聴率9.1%
【 日本放送履歴 】 あり
【 関連グッズ-OST MV 】


テバク 相関図

テバク-韓国ドラマ-相関図






テバク 主要キャストと役所の詳細

テバク キャスト・役名・役柄紹介







【 その他の韓国ドラマ-おすすめ 】

韓国ドラマのあらすじを一気読み

韓国ドラマ キャスト 相関図の一覧

月間人気ランキング情報

おすすめ関連記事


チャン・グンソクチャン・グンソク ←プロフィールはこちら(準備中)
ペク・テギル(ヨンス)
朝鮮一の詐欺師
ヨ・ジングヨ・ジング ←プロフィールはこちら(準備中)
ヨニン君、英祖(ヨンジョ)
テギルの実弟、朝鮮第21代王
チョン・グァンリョルチョン・グァンリョル ←プロフィールはこちら(準備中)
イ・インジャ
少論派の長
チェ・ミンスチェ・ミンス ←プロフィールはこちら(準備中)
粛宗(スクチョン)
朝鮮第19代王、テギルとヨニン君の父
イム・ジヨンイム・ジヨン ←プロフィールはこちら(準備中)
タムソ
イ・インジャの側近の娘
ユン・ジンソユン・ジンソ ←プロフィールはこちら(準備中)
チェ・ボクスン、淑嬪(スクビン)チェ氏
粛宗の側室、テギルとヨニン君の母
ユン・ジヘユン・ジヘ ←プロフィールはこちら(準備中)
ホンメ
闘牋房の女主人
イ・ムンシクイ・ムンシク ←プロフィールはこちら(準備中)
ペク・マングム
チェ・ボクスンの元夫、テギルの養父
ヒョヌヒョヌ ←プロフィールはこちら(準備中)
景宗(キョンジョン)
朝鮮第20代王